製品情報

精神科向けクラウド対応電子カルテシステム

Tomori
~ともり~

精神科医療におけるシステム化の専門性を活かし院内での情報連携を支援することで、「多職種間の診療情報の可視化」「情報化による業務効率の向上」を目的とします。

image_01-1

image_01-2

image_01-3

■メリット

  1. クライアントリソースを有効活用できる。
    (例:オフラインでも一定の処理を実行することができたりするなど)
  2. 表現力、操作性が高い。
    (柔軟なコントロールを実現。キー・マウスどちらでも対応。)
  3. 端末の追加設定に手間がかからない。
  4. 初期導入が容易。
  5. ユーザの生産性を確保できる。
  6. Web ブラウザへの依存性が低い。